保育園だより 10月


 気持ちの良い秋晴れの下、戸外遊びを楽しんでいる子どもたち。心地よく過ごしやすいこの季節、戸外や散歩に出かけて秋の自然に触れ楽しめるようにしていきたいと思います。
 まだ全国的に多いコロナウイルス。毎朝子どもたちの検温、健康観察、そして保護者の方にも検温、消毒、マスクの着用等ご協力して頂き、ありがとうございます。引き続き園対策を行っていきますので、ご協力よろしくお願い致します。

 ★運動会★
 日時:令和2年10月3日(土)
 ※雨天の場合10日(土)に延期
 場所:当園園庭
 参加:4歳児、5歳児
 ※詳しくは配信した運動会についての手紙をご覧下さい。

 10月15日は「世界手洗いの日」
 自分の体を病気から守る最もシンプルな方法が「石鹸を使った手洗い」です。汚れやバイ菌は手のあちこちにつき、手の中で溝やくぼみのあるところ、物によく触れる場所をしっかり洗うことが大切です。手洗いで洗わなくてはいけないのは、手の平、爪、親指の付け根、手の甲、指と指の間、手首の6か所です。全ての部位を正しくしっかり洗うには約20秒かかると言われています。
 子どもたちと手洗いを見直してみるのもいいですね!


ひよこだより


 涼しい秋風に、高く澄んだ空。大きく深呼吸したくなるような気持ちの良い季節ですね。
 先月は、初めてプレイルームで遊んでみました。高低差のあるマットやジャンピングマット、段ボールで作ったトンネル等を設置しましたが、見慣れないものに最初は戸惑う姿や泣いてしまう姿が見られました。保育士が遊ぶ姿を見せたり、「一緒にしよう。」「楽しいよ。」等、言葉を掛けて遊びに誘ったりしたことで、少しずつハイハイや歩いてマットを登ったり、トンネルをくぐったり、ジャンピングマットをバランスを取って慎重に渡ったりと出来るようになりました。
 今月は、戸外遊びや散歩に出て、ハイハイや伝い歩き、歩行等を楽しみたいと思います。また、昼夜の気温差がある季節でもあるので、健康面には十分に気を付け、引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、園では換気をこまめに行い、手洗い・消毒・マスク着用の対応をしていきます。ご家庭でも毎朝の検温や健康観察のご協力をお願い致します。

今月のねらい

・気温の変化や体調等に留意し、衣服や室内環境を調節して健康に過ごす。
(登園時の健康観察を行い、家庭との連携を図りながら、一人ひとりの健康状態を把握し、季節の変わり目を元気に過ごせるようにします。)
・テラスや園庭、散歩先でハイハイや伝い歩き、歩行等を楽しむ。
(園庭や散歩先等の広い場所で自由に這ったり歩いたり、斜面を登ったりして、身体を十分に動かして遊びます。)

※おねがい※

 寒くなるとつい多めに着せてしまいますが、子どもは大人より体温が高く、汗もかきやすいです。そのため、大人より一枚少ない服装を心がけられるとよいですね。子どもが薄着でいることは…
・体温調節機能を向上させる・自律神経を整え、風邪をひきにくくさせる・動きやすいので温まりやすい
といったメリットがあります。園生活を元気に過ごせるように調節しやすい衣類の用意をお願いします。


絵本

・くうちゃんくった ・まるみつけた ・くつくつあるけ

うた

・大きな栗の木の下で ・まっぼっくり ・どんぐりころころ

わらべうた

・どんぐり ころちゃん ・おてぶし ・オスワリヤス



ペンギンだより


 気持ちの良い秋晴れの下、伸びのびと身体を動かす事を楽しんでいる子どもたち。
一日を通しての気温差がある季節でもある為、健康面には十分気を付けていきたいと思います。まだ、新型コロナウイルス感染症が収まっていない中、保護者の皆様には毎日検温やマスク等の感染予防へのご協力ありがとうございます。園でも、子どもたちが元気に楽しく遊べるように関わりながら引き続き感染予防を行っていきたいと思います。

子どものすがた

《1組》
 友だちとの関わりが増えてきています。
マグフォーマーや積み木を一緒に「ブーブー」と車に見立てて作って走らせたり、ままごとでは誕生会をして盛り上がっています。少しずつ大人から離れ子ども達同士での関わりを楽しんでいます。見守りながら必要な時には間に入り、一緒に遊びを展開しより楽しめるように関わっていきたいと思います。
 これから気候もよく過ごしやすくなってきます。園外へ散歩に出かけ、落ち葉やまつぼっくりどんぐり等、秋のいいもの探しをして楽しみたいと思います。

《2組》
 園庭では最近「よ一いどん!」と保育者と一緒においかけっこを楽しんでいます。保育者が走ると「まって~」と言いながら追いかけたり、保育者が追いかけると必死になって逃げたりしています。走る事が大好きな子ども達。「もういっかい!」と何度走ってもまだ足りない!と元気いっぱいです。
 今月も子ども達が身体を動かして楽しく遊べるように、園庭あそびではフープやボール、たいこ橋等で遊ぼうと思います。また、散歩に行く際は落ち葉や木の実などの秋を一緒に見つけ、形や色においなどを楽しもうと思います。

今月のねらい

◎季節の変化や気温差に留意し、健康に過ごす。
⇒体調を崩しやすい為、食欲や健康状態に留意し、又、衣服の調節を行い健康的に過ごせるようにしていきます。
◎散歩や戸外あそびを通して、秋の自然に触れる。
⇒落ち葉や木の実を拾ったり集めたりして色や感触を一緒に楽しみ「いいものみつけたね」と子どもの気持ちに寄り添っていきます。また拾った物を使い、遊びへ展開していきます。
◎自分の思いを動作や言葉で伝え、やり取りを楽しむ。
⇒子どもの表情や言葉を汲み取りながら、時には言葉を添えていく事で遊びを広げ、楽しくやり取りが出来るように関わります。


絵本

・さんかくみつけた ・おべんとう ・いちじくにんじん ・おやすみなさい コッコさん

うた

・おおきな栗の木の下で ・どんぐりころころ ・こおろぎ ・秋の空

わらべうた

・つんなんごう ・どんぐりころころ ・おてぶしてぶし


あひるだより

 いつの間にか季節はすっかり秋模様になってきました。涼しい風が吹き始めた園庭で、子どもたちは思いきり身体を動かして戸外あそびを楽しんでいます。
久し振りのお散歩もしっかりと歩く事ができており、信号待ちの間に「青になれ~!」とおまじないをかけてみたり、横断歩道では手を挙げて渡ったりと、道中の楽しみ方に成長を感じました。中には途中で転んでしまう子もいましたが、泣くことなく自分で立ち上がる事ができ、たくましい姿も見られています。
 今月は天気の良い日は積極的にお散歩に出掛け、秋の自然に触れたり、思いきり身体を動かしたりして楽しんでいきます。


今月のねらい

◎戸外で虫や木の実や葉など、秋の自然に親しみ、好奇心や探索心をふくらませる。
→天気の良い日は園庭や散歩へ行って秋の自然に触れ、形や大きさ、色の違いに興味を持って、見たり集めたりして楽しめるようにしていきます。
◎季節の変わり目で体調を崩しやすいため、その日の気温や気候に合わせて衣服の調節を行うようにする。
→気温や湿度に配慮し、必要に応じて衣服を調節するように促し、自分で気づけるようにしていく。


衣服や靴に関してのおねがい

・朝夕の気温差が大きくなってきています。
 今までの衣服に加え、薄手の長袖など温度調節のしやすい衣服の準備もお願いします。
 また、子どもたちの意欲を大切にしたいので、
 自分で着脱しやすいようなゆとりのある衣服の準備をお願いします。
・散歩に出掛ける機会が増えていきます。
 転倒や靴擦れを防ぎ、子どもが快適に歩けるように、足に合った靴での登園をお願いします。


絵本

・こおろぎ ・どんぐりころころ ・やきいもグーチーパー

うた

・せっくんぼ ・どんどんばし ・どんぐりころちゃん

わらべうた

・わたし てじなし ・パパ、おつきさまとって! ・さんびきのやぎのがらがらどん


1くみだより


 食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、実りの秋…楽しみの多い季節がやってきました。少しずつ過ごしやすくなってきたこともあり、毎日よく食べ、元気にからだを動かしてあそんでいる子どもたち。
 先月オープンしたアイスクリーム屋さんは、メニューが増えてさらに大人気!多いときは行列ができることもあり、店員さんは大忙しです。果物の絵を描いて買いに行くだけでなく、LaQやロンディーでもそれぞれ表現し、子どもたちの想像力であそびがどんどん広がっています。
 戸外あそびでは園庭に出ると「リレーしたい!」とチームを作り、力いっぱい芝のまわりを走っています。「こうやってバトンもらうよ」「○○ちゃんにわたしてね」と丁寧に教える姿もみられ、走る友だちをみんなで応援して大盛り上がり!走り終わった後も負けて悔しい気持ちから、どうすれば勝てるのか、速く走ることができるかを考え、クラスみんなで走ることを楽しんでいます。
 昼夜に気温差がある季節のため、健康面には十分に気をつけながら、散歩に出かけ自然からの贈り物を通して、深まっていく秋を子どもたちと一緒に感じられたらなと思います。

2くみだより


 いつの間にか、季節はすっかり秋模様となってきました。今月も、引き続き新型コロナウイルス対策をしっかりとして、元気に過ごしていきたいと思います。
 お部屋では、カルガモゆうらんせんのオープンに向けて、どんどん準備が進んでいます。「運転手したい!」と、船内アナウンスの練習をしたり、「チケット作ろう!」と、協力しあってみんなで作っています。名物の”うきわドーナツ”も販売予定です。乗船するときは、絵本に出てくる生き物になりきって、うきわドーナツを食べながら、ゆったりと船旅を楽しみたいと思います。
 また、今月は散歩に出かけ、秋の自然にたくさん触れながら、楽しんでいく予定です。

3くみだより


 日中すごしやすく、朝晩も少しずつ冷え込むようになり秋の訪れを感じられる気候になってきました。
3組ではようやく、待ちに待った『バナナのゆうえんち』がオープンしました!最初は、ひばりグループが案内係になってみんなをお出迎えしてくれています。「バナナのゆうえんちへようこそ!」「いらっしゃいませ!!」と言い方や、ポーズなどどうすれば来てくれたみんなが喜んでくれるかを集まって相談し考えていました。つばめ・カナリアはバナナのゆうえんちにあそびに行くために、動物とバナナの作成に夢中。LaQやロンディー、お絵描きなど”自分だけのともだち”を連れてバナナのゆうえんちへ行き、絵本の世界を楽しんでいます。
 子どもたちの想像力と気づきにはいつも驚かされることが多く、絵本には挿絵のみでストーリーにはでてこないのですが、子どもたちはその小さく描かれた『バナナのレストラン』を発見。「レストランもつくりたい」「バナナのケーキと、バナナジュースと・・」と日々アイデアが溢れだしています。これから益々広がっていくバナナのゆうえんちがとても楽しみです。


今月のねらい 1くみ・2くみ・3くみ

◎友だちと一緒に頑張る姿を受けとめ、つながりや達成感を味わえるようにする。
・年中、年長児は運動会を通して友だちと一緒に頑張ること、一つのことをやりとげる喜びを経験できるよう気持ちを受けとめたり、言葉をかけたりしていく。クラスでは、ごっこあそび等を通して、子どもたちの気づきやひらめきに共感し、受けとめることで、楽しさを味わえるよう.にする。
◎秋の自然に興味・関心をもち、触れたりあそびに取り入れたりして楽しむ。
・子どもたちの発見や疑問を受けとめたり、共感したりしながら、一緒に自然の変化を感じていく。また、気づいたことや興味をも持ったことを自由に調べられるよう図鑑や絵本を用意し、一緒に調べたり観察したりしながら、興味・関心が深まるようにしていく。
◎思いきりからだを動かしたり、ルールのあるあそびを友だちと一緒に楽しんだりする。
・あそびや生活の中で、互いに納得し、心地よく過ごすために、解決の手立てなど保育者と共に考え、「約束事」や「ルール」の必要性を感じ、話し合ったり譲り合ったりしながら、一緒に楽しめるようにしていく。


絵本 1くみ・2くみ・3くみ

③わたしてじなし ④こぎつねとみつばち ⑤ぎんいろぴかぴか

わらべ詩 1くみ・2くみ・3くみ

・あいうえおはようお母さま ・わんわんほえるの



給食だより

 「南瓜・柿・秋刀魚・葡萄・茄子・薩摩芋」の共通点はなんでしょう?
正解は、秋が旬の食材です。日本には四季があり、季節とともに美味しい食材は変化していきます。旬の食材には次のような3つのメリットがあります。
①旬でない時期より栄養価が高い。②味が濃くて美味しい。③鮮度がよく、価格も安い。
食欲の秋!旬の食材を食べて、秋を存分に楽しみましょう。

10月13日はさつまいもの日!
「栗よりうまい十三里=九里(くり)四里(より)うまい十三里」という江戸時代のことばから制定されたそうです。この十三里とは、さつまいものことです。江戸から十三里離れた川越のさつまいもが美味しいことから、「十三里」という異名があるそうです。焼きいもや、スイートポテト。甘くて美味しいですもんね。

さつまいもが甘い理由!?
それは、エネルギーの元になる”でんぷん”が、アミラーゼという酵素のおかげで”糖”に変わるからです。ビタミンやカリウム、食物繊維も多く含まれています。ヘタ部分からあめ色の蜜が出ているものは糖度が高くなっているのでとっても甘くなっている証拠です!是非、そのさつまいもを選びましょう。

食べ物の香りを楽しもう
食べ物をおいしいと感じるには味だけでなく、香りも大きく影響しています。香りとおいしさを感じられるようになるには、いろいろな食材を体験することがたいせつです。サンマの焼けるにおい、きのこの風味、秋の食材の香りを楽しみましょう。



 

↑ PAGE TOP