保育園だより 6月


 梅雨入りし、色とりどりの紫陽花がきれいに花を咲かせています。雨の音を聞きながら室内で遊ぶことも多くなりました。気候の変化に配慮し、また新型コロナウイルス感染防止に努めながら健康管理に気をつけて過ごしていきたいと思います。

 紫陽花の色
梅雨といえば、紫陽花の季節。
雨の日を美しく彩る紫陽花には青系と赤系の花がありますがその訳は皆さんご存知の様に土壌に含まれる成分にあります。酸性の土壌では青系、アルカリ性の土壌では赤系になります。日本は、火山地帯で雨も多く弱酸性の土壌なので青系が主流ですが、ヨーロッパではアルカリ性の土壌のため、大半が赤系です。色鮮やかな青系の紫陽花や色が変化する紫陽花は、日本独自なものだそうです。うっとうしい梅雨ですが紫陽花をはじめ、バラや花菖蒲などこの時期に咲く花を多いに楽しみましょう。


ひよこぐみだより


 あっという間に春が過ぎ去り、天気の移り変わりが多い時期がやってきました。
進級・入園して緊張した表情や大きな声で泣いていた子どもたちも保育士とのふれあいあそびやわらべ歌・1対1で絵本を読んでいく中で少しずつ表情が和らぎ笑顔も随分と増え、安心して園での生活を送れるようになってきています。また歩行やハイハイ・つたい歩きでの探索活動も多く見られるようになり、好きな玩具を見つけて保育士と一緒に楽しんでいます。

今月のねらい

◎体調の変化や衛生に気を配り、梅雨期を心地よく過ごせるようにする。
(室内換気・温度・湿度管理を行い、汗をかいたら体を拭き着替えをして快適に過ごせるようにします。)
◎保育士に見守られながら、腹這いやハイハイ・歩行で興味のあるものに触れたり、体を動かしたりしてあそぶ。
(さまざまな物に興味を示して安心しておもいきり探索活動ができるように環境を整えていきます。)

★新型コロナウイルスへの感染対策は従来通り行っていきます。

絵本

・くだもの みいつけた ・みずたまりちゃん ・ぽっ ぽっ ぽっ

うた

・あまだれぽったん ・かたつむり ・てるてるぼうず

わらべうた

・あめあめ ・うまはとしとし ・ぜんぜがのんの



ペンギンぐみだより


 例年より早い梅雨入りとなり、紫陽花の花が少しずつ色づき始める時期となりました。
 先月は晴れの日が少なく、戸外あそびも減りましたが、園庭では、固定遊具やバイク、フープなどを使って身体を動かして楽しみました。また、ダンゴムシ探しがブームになり、「ダンゴムシ暗い所が好きなんだよ」と伝え保育者と一緒に、日陰の所やプランター下をのぞいて目を凝らし、一生懸命探す姿が見られました。保育者がカップの中にダンゴムシを入れると、じっと見つめて観察したり、指で触ってみたりして、丸くなる姿に「あっ!」と反応し、「ねんねしたね」と、ダンゴムシの様子を言葉で表し、保育者とのやりとりが増えていきました。少しずつ自然への興味が湧いてきている子どもたちです。
 また、雨の日はプレイルームで巧技台や鉄棒などの器具を使ったあそびをしました。登り方や降り方、つかまり方などを伝えることで子どもたちも少しずつ身体の使い方を知り、経験が増えていくことで、大いに身体を動かしてあそんでいます。梅雨期に入り、中々戸外あそびが出来ませんが、発散できるように、プレイルームや廊下などで器具や遊具を使ったあそびを取り入れ、室内あそびを充実させていこうと考えています。

今月のねらい

◎梅雨期の衛生面に留意しながら、一人ひとりの健康状態を把握し、快適に生活が送れるようにする。
 季節の変わり目で汗をかきやすい時期になるため、しっかりと水分補給を行い、気温の変化や活動に応じて衣服を調節していく。また、湿度に留意し、こまめに換気を行い、快適に過ごせるようにして、感染症予防もしていく。
◎様々な器具に触れ、保育者や友だちと一緒に十分に身体を動かしてあそぶ。
 雨の日は、室内でも身体を動かして発散してあそべるよう、巧技台やマットなどの器具を使い、身体の動かし方や、あそび方を伝えていく。


※お知らせとお願い※

~靴について~
走ったり、登ったりと運動量が増えてきたため、足に合ったサイズの靴の見直しをお願いします。
また、靴下を自分ではこうとしたり、脱こうとしたりする姿が見られるようになりました。脱ぎ着がしやすいように、なるべくショートソックス(くるぶしより少し長い丈)にしてくださるよう、お願いします。
~衣服について~
汗をかきやすい時期になり、着替えることが増えてきました。ロッカー内の衣服の衣替えをお願いします。


絵本

・まるさんかくぞう ・くだものみいつけた ・どうぶつのおかあさん ・あめかな! ・おさんぽ おさんぽ

うた

・かえるのうた ・かたつむり ・あまだれぽったん

わらべうた

・ゆすらんかすらん ・あめあめやんどくれ ・ももや ももや


あひるぐみだより

 あっという間に春が過ぎ去り、季節は梅雨に移り変わりました。
 進級して2ヶ月が経ち、好きな遊びを楽しんだり、気の合う友だちと一緒に遊ぶ姿も多くなりました。
 戸外や散歩先では、てんとう虫やダンゴムシ探しに夢中な子どもたち。「てんとう虫いるかな一?」「こっち見てみよう!!」と保育者や友だちと一緒に探していました。「あ!てんとう虫!!」「見一つけた!!」と言う声に反応して集まり、手のひらに乗せたり、カップに入れたりしてみんなで観察しながら春の自然に触れることを楽しんでいました。
 また体を動かすことも楽しみ、公園の遊具にもどんどん挑戦しています。梅雨入りが早くプレイルームでも遊ぶ機会が多く、滑り台の斜面のぼり、平均台、はしご、トランポリン等様々な器具を使って遊びました。苦手な子も保育者に手伝ってもらったり一緒に挑戦する中で自信をつけていき「せんせ一!!できた!!」と嬉しそうに教えたり、「もう1回!!」と繰り返し楽しむ姿が見られました。
 今月も梅雨ならではの自然や遊びを思いきり楽しめるようにしていきたいと思います。


おねがい

 汗をかきやすい時期になりましたので調節しやすい着替え(薄手の長袖、半袖、肌着、ズボン)と体拭きタオルの用意をよろしくお願いします。


今月のねらい

◎梅雨期を健康で気持ちよく過ごす。
・室内の温度や湿度に気を付け、また衣服の調節や水分補給などを行いながら、心地よい環境の中で過ごせるようにしていきます。引き続き新型コロナウイルスへの感染対策も行なっていきます。
◎雨や水たまりなど身近な事象に触れながら、梅雨の自然に興味を持つ。
・雨の日の戸外あそびや散歩などを通して、雨や水たまり、かたつむり、あじさいなどの梅雨の自然に触れることを楽しみ、子どもたちの気付きや発見などに共感していきます。
◎保育者や友だちと関わって遊ぶ楽しさを味わう。
・保育者も一緒に遊びを楽しんだり、友だちと関わろうとする姿を見守り、必要な時は仲立ちする中で友だちとの関わりを知らせたりと楽しめるようにしていきます。


絵本

・どうぶつのおかあさん ・コッコさんとあめふり ・かたつむりタクシー ・おやおやおやさい

うた

・かたつむり ・てるてるぼうず ・かえるのうた

わらべうた

・ぽっつんぽつぼつ ・あめんこふるなよ ・ソーメンニューメン


1くみだより


 梅雨を迎え、暑い日も多くなってきました。新年度スタートから2カ月が経ち、子どもたちも同じ家族のお友だちとの関係がしっかりとできてきたり、1日の流れが身についてきたり、ルールを理解したりする中で、様々な造形あそびやゲーム等を楽しんでいます。
 また、4月に植えたプランターのじゃがいもが育つのを毎日観察中。芽が出てきてから、どんどん大きくなる苗を見るのが楽しみのようで、「水やりしなくていいかな?」「葉っぱがまた大きくなってる!」「蕾かわいいね」「葉っぱが黄色くなったらもうそろそろなんよね」「あ~早くじゃがいもできないかな~」と、楽しみで仕方ないようです。保育室でも、コロッケまつりを楽しもうとごっこあそびの準備を進めています。

お願い
汗をかく季節になってきましたので、ロッカーの中に着替え(Tシャツ・ズボン・肌着・パンツ)と、タオルの準備を2セット程お願いします。
また、雨の日散歩も計画していますので、ロッカーにレインコートを常備しておいて下さい。
※持ち物には必ず記名をお願いします。

2くみだより


 あっという間に春が過ぎ、季節は梅雨に移り変わろうとしています。子ども達の発想から始まったジュース屋さんも大人気でしたが、最近2組のお気に入りの絵本の1冊「つばめこうくう」から「飛行機に乗ってみたいね」「みなみのしまどんなところかな?」と盛り上がっています。
 なんと、去年度楽しんでいた「かるがもゆうらんせん」の続きのお話でカナリア、ひばりさんは、大興奮!!どうやったら、乗れるのかな?と話している時に、かえるぼうやからお手紙が。チケットを買うため、お店屋さんを色々考えながらお金を稼いでいます。つばめこうくうに搭乗できるのは、小さな生き物のみの為、どんな生き物(虫)になろうか想像を膨らませている2組さん。無事に、チケットを買えるのか、、みなみのしまに行けるのか、、私達も子ども達と楽しみながら、どんどん遊びを広げていこうと思います。
 これから、雨の日が続き戸外に行けない分、室内での遊びを充実させていくつもりです。



3くみだより


 異例の早さで梅雨を迎え、じめじめとした蒸し暑い日が続いていますが、3組では雨にも負けない元気な子どもたちの声が響いています。5月にサルくんとウサギさんから2本の"レモンの木"が届き、育て始めました。土づくりからみんなで行い、交代で水やりをしていくうちに日に日に愛着が湧いていき、木が見える窓には代わるがわる子どもたちが様子を見に来ています。毎週月曜日が、木の身長測定日となっており、休み明けそわそわしながら「大きくなったかな?」と胸弾ませながら登園してきています。
 これからの季節、益々暑くなっていきますので、水分補給や、汗をかいた際の着替えなど、一人ひとりの状態に合わせながら配慮していきたいと思います。

お知らせ
汗をかく季節になってきましたので、ロッカーの中に着替え(Tシャツ・ズボン・肌着・パンツ)と、タオルの準備を2セット程お願いします。また、雨の日散歩も計画していますので、ロッカーにレインコートを常備しておいてください。
※持ち物には必ず記名をお願いします


今月のねらい 1くみ・2くみ・3くみ

*感染症対策に留意し、健康・安全・清潔に過ごせるようにする。
→一人ひとりの健康状態を把握し、こまめに検温や消毒を行い、手洗いやうがいの仕方を再度確認する。また、湿度が高く汗をかきやすいため、着替えを行い心地よく過ごせるようにする。
*梅雨期の自然を見たり触れたりして、興味や関心を持って楽しむ。
→子どもの発見や試そうとする姿を見守りながら、必要に応じて言葉かけを行い、活動が発展するようにしていく。
*集団あそびなどを通して友だちとの関りを広げ、互いの思いを共有しながらあそびを楽しむ。
→一人ひとりのイメージや表現の仕方を認め、楽しく活動に参加できるようにする。また、あそびの中で出た表現をみんなで共有できるように紹介し、イメージを広げられるようにしていく。


絵本 1くみ・2くみ・3くみ

③おらんちゃん ③すなやまトンネルできるかな? ⑤あめのひのぼうけん

わらべ詩 1くみ・2くみ・3くみ

・にわかあめ ・あめのねこ



給食だより

 この時期は、雨が続いたかと思えば、晴れの日には急に蒸し暑くなり、いつもは元気な子どもたちも、なんとなく活動が鈍くなったり、食欲が落ちたりします。冷たいものや口当たりの良いものばかり食べていると、栄養のバランスがくずれ疲れやすくなります。
 また、この時期は食中毒などの衛生面には特に注意が必要です。おうちでも手洗いを習慣づけ、手はいつも清潔にしておきましょう。コロナウィルスの感染予防にもつながります。

食中毒の3原則
1.つけない 洗う!
 手には雑菌が付着しています。
 食中毒の原因が食べ物につかないように、必ず手を洗いましょう。
2.増やさない 低温で保存する
 食べ物に付着した菌を増やさないためには低温で保存することが重要です。
3.やっつける 加熱処理!(殺菌)
 ほとんどの殺菌やウイルスは加熱により死滅しますので、肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べれば安全です。特に肉料理はしっかり加熱することが大事です。

6月4日は虫歯予防デーです!
むし歯をつくらない食べ方
●おやつのお菓子などをだらだら食べず、時間を決めて食べる
●適度に硬く食物繊維の多い根菜類や昆布などをよく噛んで食べる
●規則正しい食生活をする
●清涼飲料水など、糖分の多い飲み物を常用しない

(テイクアウトや宅配サービスで注意すべき点)
テイクアウト購入後や宅配到着後はできるだけすぐに食べましょう。すぐに食べない場合は、冷蔵庫で保管しましょう。また宅配サービスを利用するときは、外に放置されないように、家にいるときにとどくようにしましょう。お弁当の消費期限や保存方法を守りましょう。



 

↑ PAGE TOP