保育園だより 7月


 少しずつ気温が高い日が増え、今年の夏も暑い日が続きそうな気配を感じています。
引き続き感染症予防を徹底しながら熱中症にも気を配り、子ども達が安心して保育園生活を送り戸外遊び、水遊びなど夏の遊びも楽しめるように考えていきたいと思います。
暑い夏を健康に過ごす為にもしっかり食事をとり、早寝早起きを心掛けましょう。

 安心感・愛情を育むスキンシップ
 子ども達の脳の健やかな発達に、スキンシップが大きな役割を果たしています。
子ども達にとって親に甘える時間はとっても大切な時間です。親の温もりに触れ、笑顔を交わす事で安心感や信頼感にもつながります。たとえ短い時間でも大丈夫です。子どもに「愛してるよ」と100回言うよりもぎゅっと一回抱きしめてあげる方が何倍も効果的です。
 スキンシップを通して安心感、愛されている実感を得る事が出来、肌に触れることで子どもが親から愛情をもらうだけでなく、親も子どもから愛情をもらっています。日々のお仕事や家事、忙しい中頑張っている保護者の方も子ども達に沢山癒されてくださいね。
 私達も、子ども達の気持ちや欲求を汲み取り、「大丈夫だよ」「見てるよ」「大好きだよ」と気持ちを言葉や抱きしめる事で伝えています。子ども達が『愛されている、失敗しても自分に○をあげてもいい、味方がいる、乗り越えていける』という自己肯定感を生みだし、色々な事に挑戦していく自信につなぐことができるように関わっています。子ども達の豊かな心の成長の手助けとなる事を信じて!!


ひよこだより


 日差しが強くなり、本格的な夏の訪れを感じます。
 受容保育を終え、園で過ごす時間が長くなりましたが、一日一日園での生活に慣れていき成長を見せてくれる子どもたち。担当保育士との関係も深まり、後追いをしたり、保育士の顔を見ると笑顔を見せてくれたりと、少しずつ安心して過ごせる時間が増えてきました。また、ハイハイやつたい歩きなどでお部屋の中を動き、気になるものがあると手を伸ばすなど活発な姿も見られるようになってきました。
 これからの暑さで体調を崩しやすかったり、引き続き新型コロナウィルスの対策を行ったりと、健康管理には十分に気をつけていきたいと思います。そのためにも、室内の温度や湿度を調節し、こまめな換気や水分補給、休息を取り入れていき、快適な環境づくりを行っていきたいです。

今月のねらい

*体調や生活リズムに留意し、夏を安全に、快適に過ごせるようにする。
(暑い夏も楽しめるように水に触れてあそぶ機会を作っていきます。ただ、疲れが出やすい季節なので、ひとりひとりの体調に気を配りながら、十分な水分補給や休息、活動のバランスなどにも配慮していきます。また、消毒や手洗いなどを徹底し、引き続き、ウィルス感染の予防に努めます。)
*特定の保育士との愛着を深めて安心して過ごす。
(生活やあそびを通して、子どもたちの表情や動きを受けとめ、共感したり、応答的に関わったりしていく中で、安心感へと繋げていきます。)


絵本

・おっぱいどーこ? ・ごはん たべよ ・がたんごとんがたんごとん

うた

・みずあそび ・プールのうた ・うみ

わらべうた

・メンメンスースー ・うえからしたから ・にゅうめん そうめん



ペンギンだより


 梅雨入りをしましたが、天気の良い日が多く子ども達は汗をかきながら戸外遊びを楽しんでいます。

子どもの姿

 コロナ感染対策でお休みしていたお友達も6月から登園し、とてもにぎやかなペンギン組です。久しぶりの登園で泣いてしまう事もありましたが、寂しい気持ちに寄り添い保育者との1対1での関りを大切にしていく事で笑顔を見せてくれるようになり、遊びに誘うと夢中になって遊ぶ姿も見られるようになりました。
泣いていたり、困っているお友達に対して「大丈夫?」「よしよし」となでて励ましてくれる事もあります。人を思いやる優しい気持ちが育ち、人との関りが広がってきているんだという成長を感じます。大人との十分な関りを大切にしつつ、お友達と関わろうとする事への橋渡しをしていきたいと思います。
 先月は天気の良い日も続いたので戸外遊びを楽しみました。その中で楽しんだ泥んこ遊び。砂場に水をいれると「わあ!!」と大歓声!できた水たまりに足をいれたり、手ではじいてみたり、泥団子をつくったりと泥の感触を手や足で感じていました。中には全身泥まみれになる子もいました。泥の感触が苦手なお友達もいましたが、周りで楽しんでいる様子を一緒に見たり、保育者がカップに入れて「どろどろだね。」「気持ちいいよ」など触って見せる事で少しずつ触れてみたり、参加する姿も見られ始めています。
 引き続き、天気の良い日は戸外で泥んこ遊びや、水遊び又、雨の日はシール貼りやフィンガーペインティング、プレイルームで体を動かして楽しめる遊び等を展開していきたいと思っています。


今月のねらい

◎暑い夏を健康に過ごす。
→衛生面や感染症に留意しながら、適切な水分・休息をとり、快適に過ごせるようにします。引き続き、コロナ感染拡大防止できるよう、手洗いを丁寧に行い、玩具や部屋の消毒に努めます。
◎保育者や友達と一緒に水や砂、泥等の感触を味わい、夏の遊びを楽しむ。
→保育者も一緒に遊び「冷たいね」「気持ちいいね」「楽しいね」など言葉をかけながら感触を味わい、楽しめるようにしていきます。
◎食事や着脱など身の回りの事を自分でやってみようとする。
→”自分でしたい”という気持ちを大切にし、その姿を見守り、必要な時はさりげなく手伝い「自分で出来た」という満足感や達成感を感じられるようにしていきます。また、その頑張りを認め一緒に喜ぶことで次への意欲へつなげていきます。

★1歳児ってこんな時期★

好奇心や意欲が伸びる時期といわれています。
なんでもやってみよう!という意欲、こうしたらどうなるかな?という好奇心。その中で子ども達は失敗や間違いをたくさんします。例えば危ないところに入ってしまった、コップを落としてしまった…お父さんやお母さんの言う事は何でも「イヤだ!」。そんな時は「危ないからこっちで遊ぼうか!」「お茶がこぼれてしまったね。一緒に拭こう。」や「○○と△△とどれにする?」と選択肢を与えたり、こうしたらよいという方法を知らせていく事の積み重ねが大切だと言われています。
その積み重ねが意欲や好奇心、そして忍耐力、集中力へと繋がっていきます。
この1年で、子ども達がたくさん挑戦したり、発見したり、失敗したりと様々な経験ができるよう保育していきたいと思います。
そして、この時期ならではの”いやいや期”と”自分で!”に対して頑張りすぎず、息抜きをしながら一緒に乗り越えていきましょう!


絵本

・ぽぽんぴ ぽんぽん ・つみき ・まっかっか とまと ・こぐまちゃんのみずあそび ・しゅっぱつ しんこう!

うた

・みずあそび ・プールのうた ・うみ

わらべうた

・こりゃどこの ・アシアシアヒル ・オフネガ


あひるだより

 じりじり暑い日が続き夏がやってきました。今月は楽しみにしていた水遊びも始まります。まだまだ、心配な日が続きますが、引き続き感染拡大防止に努めながら、水遊びや、泡、色水遊び等、夏ならではの遊びをおもいきり楽しめるように、色々と計画しています!!
 室内では、ままごとや積み木などの遊びを通して、お友だちとの関わりが増えてきました。「何がいいですか?」「カレー」「何作ってるの?」「おうちよ」と遊びを通して言葉のやりとりがとても増え、保育士自身もとても楽しんでいます。
 夏の遊びも楽しみながら、室内でも子ども達の姿にヒントをもらいながら、遊びを工夫していこうと思います。


今月のねらい

・気温や湿度に注意して、除菌や換気をしながら快適に過ごせる環境を整える。
⇒室温の調節、身体拭きや水分補給、休息の時間を大切にしながら快適に過ごせるよう配慮していきます。
又、先月に引き続き定期的な換気やこまめな消毒を心掛け、健康に過ごせる様にしていきます。
また、汗をかいた際は着替えるなどの習慣が身につくよう、必要に応じて手助けをしていく。
・保育者や友だちと一緒に様々な感触に触れ、夏ならではの遊びを遊びをおもいきり楽しむ。
⇒感染症予防の為、水遊びをする際は子ども達の密集を避け、間隔的に余裕を持ちながら遊べるようにしていきます。
又、プール遊びや泥、色水、泡など様々な感触遊びを通して、子どもたちの発見に寄り添い、楽しみながら興味関心を深めていきたいと思います。


水遊びについて大事なお知らせ

 例年7月より、週2回ほどプール遊びを楽しんできましたが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響から例年通りのプール遊びは厳しい現状です。しかし、夏ならではの水遊びは様々に工夫をこらして楽しめる様に計画しています。
 密集にならないよう十分な配慮をしながら、子ども達が健康に楽しめるよう感染拡大防止に努めていきますので、ご家庭でも毎朝の検温や健康観察へのご協力をお願いいたします。


お願い

 クラスノートに何をするか、掲示します。必ずクラスノートに目を通して下さい。


健康調査票について

※水遊び以外にも汗をかいた際にシャワーを行います。

☆毎朝の体温、水遊びの可否をご記入ください。
☆天候にかかわらず、毎日記入して下さい。
※記入がないとシャワー・水遊びなどの全ての遊びを行うことが、出来ません。記入を忘れないようにお願いします。
※園からは連絡しませんのでご了承ください。

36.5   ○
良 好 

体温を記入します。  印を記入します。
※体調の記入もお願いします!!
○ シャワー可
× シャワー不可
※※シャワー不可の場合、水遊び、泥遊び等は出来ません!!

※今年は水遊びのため、登園してきた際に着用しているふくのまま、遊びます!!

◎肌着のシャツ
◎ズボン・Tシャツ
◎タオル(フェイスタオル)等、
1セットを上段のカゴに入れておいて下さい。
※夏場は着替える機会が増えますので着替えやタオル等を下段のカゴに多めに入れておいて下さい。
又、持ち物に名前の記入もお願いします。
 曜日等、詳しいことが決まりましたら、また、お知らせいたします!!


※その他、分からない事があればなんでも担任にお尋ね下さい。

絵本

・だれかいるみたい ・せっけんっけてぷくぷくぷわー ・ノラネコぐんだんアイスのくに

うた

・みずあそび ・しゃぼんだま ・アイスクリームのうた

わらべうた

・メンメンスースー ・ももやももや ・ギッコンバッコ


1くみだより


 暑さも日々増していき、本格的な夏の季節もすぐそこまで来ているようです。新型コロナウイルスが少しずつ落ち着き始めていますが、まだまだ油断はできない状態です。今月も手洗いやうがい、こまめな消毒、マスクの着用などできることをしっかりと行い、感染予防に努めていきます。
 1組には4月にお手紙を出していたきつねのきっこちゃんがあそびに来てくれ、大喜びの子どもたち。一緒にゲームをしたり、ままごとをしたりするだけでなく、食事の際にはひばりグループの子どもたちが順番にご飯を作ってくれ、共に生活することを楽しんでいます。きっこちゃんにたくさん話しかけ、子どもたち同士で「次は○○ちゃんいいよ」「長い針が○になったらね」とルールを決めながら、あそびを進めていく姿もみられるようになってきました。
 大好きなきっこちゃんと一緒に、夏ならではのあそびやごっこあそびなどを存分に楽しんでいこうと計画しています!


2くみだより


 夏が近づくこの頃。蒸し暑い日が続いていますが、子どもたちは汗をいっぱいかきながらも夢中になって色々なあそびを楽しんでいます。
 さて、2組には6月より”ペロ”という新しいお友だちがやってきました。このペロは飼い主の”おかあさん”が大好きな犬のことで、おかあさんへのプレゼントを買うため、おしごとを探しに出かけてしまうほどの行動力があります。何をやってもうまくいかない不器用なペロですが、最後まで諦めずに次から次へと挑戦していきます。・・・その姿の愛しくて健気な姿に、子どもたちは共感したり、応援したりして物語の世界にどんどん引き込まれていき、「ペロに会いたいね」と会話にも出てくることが多くなっていきました。そんなペロをおかあさんが仕事で留守の間、2組で預かることになったので子どもたちは大喜び!エサをやり、ブラッシングなどなど、お世話をしたり、一緒にゲームや読書をしたりして、とても可愛がってくれています。これから2組のみんなとペロとの新しい生活がスタートします!どんなことが起きるのか・・・。ぜひ、お家でもお話を聞いてみて下さいね。
 コロナウイルスはまだまだ油断できない状況です。引き続き、感染予防にご協力をお願いします。


3くみだより


 新型コロナウイルスの自粛期間も明け、新しい生活様式を取り入れながらも少しずつ、いつもの保育園に戻ってきています。梅雨のじめじめとした日が続いている中、変わらずマスクの着用、又、出来る限りのお休み・早いお迎えのご協力をいただきましてありがとうございます。
 3組では6月から絵本『さるくんとバナナのゆうえんち』に出てくる”バナナのゆうえんち”の建設が続いており、いよいよオープンの目途がたってきました。ひばりグループが中心となり木材・段ボール・絵具・セロテープなど様々な材料を使い、楽しそうにアトラクションを作る様子を見てカナリア・つばめグループも興味を持ち手伝ってくれています。サルくんがあそびに来てくれたことを想像しながら、「サルくんはどこから落ちてくるかな?」「これじゃサルくんが乗れないかも!もっと大きくしよう!」とイメージをみんなで共有し、作り進めていく姿に、クラスの団結力の強さを感じました。
 今年は新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、プールあそびを中止としました。その分、しっかりと配慮しながら水・泡・色水など夏ならではのあそびを楽しんでいきたいと思います。



今月のねらい 1くみ・2くみ・3くみ

◎一人ひとりが健康で快適に過ごし、安定した生活ができるようにする。
・新型コロナウイルス対策として、換気や消毒を行いながらも快適に過ごせるように室温や湿度に留意し、こまめに水分補給を行うようにする。また活動と休息のバランスを考え、適度に休息がとれるようにしていく。
◎夏の生活の仕方を知り、身のまわりのことを自分でしようとする。
・汗が出たら拭いたり、着替えたりする必要性をわかりやすく伝え、清潔にする心地よさを感じ、自分から進んでしようとする気持ちが育っていくようにする。
◎友だちや保育士と夏ならではのあそびを楽しむ。
・安全面に気を付けながら、水、泡、泥、色水などに触れ、感触を十分に楽しみながら工夫してあそべるようにしていく。


絵本 1くみ・2くみ・3くみ

③だれかいるみたい ④わたしはせいか・ガブリエラ ⑤へらへらおじさん

うた 1くみ・2くみ・3くみ

・アイスクリームのうた ・たなばた ・みずあそび ・プールのうた

わらべうた 1くみ・2くみ・3くみ

・たんじたんじ

わらべ詩 1くみ・2くみ・3くみ

・空のアイスクリーム ・いちじく にんじん



給食だより

暑い日が続いていますね。この時期は、体力や食欲が落ちやすく、冷たい飲み物や食べ物を摂りがちになります。とりすぎると、消化器官の働きが弱まってしまいます。毎日の食事のバランスをみながら食事の内容を工夫したり、栄養と睡眠をしっかりとって体の免疫力を高めていきましょう。

おいしい夏野菜をたくさん食べよう!
【胡瓜】利尿作用・余分な熱をとる余分な塩分をとってくれる・のどを潤す
【ナス】余分な熱をとる・血の巡りをよくする
【ピーマン】血をサラサラにする
【トウモロコシ】胃腸の調子を整える
【トマト】食欲増進・余分な熱をとる・のどを潤す
【スイカ】体を冷やす・のどを潤す
 (西瓜)利尿作用・むくみをとる

「土用丑の日」のいわれ
 「丑の日『う』の字のつく食べ物を食べると夏負けしない」という民間伝承がヒントとなって始まったうなぎ食。もともと季節毎に土用丑の日はあったのですが、最近は専ら夏だけのようです。今年は、7/21・8/2がその日にあたります。
そのうなぎも現在は稚魚も取れなくなってきているようです。高いうなぎにこだわらず、夏が旬のウリ科の野菜(すいか・にがうり・とうがん・きゅうり)は、うなぎと並んで栄養価が高くビタミンが豊富です。
旬の野菜で暑さを乗り切りましょう。

まだまだある、土用丑の日に食べたい「う」のつく食べ物
○うどん…冷たいうどんは、夏バテする時期にピッタリ!
○梅干し…酸味が、暑さで減退する食欲を増進させてくれます!
○牛肉…たんぱく質が豊富な牛肉。スタミナたっぷり!



 

↑ PAGE TOP