保育園だより 8月


 梅雨が明け、水あそびがより楽しい季節になりました。今年は例年とは違いプールには入れない中、子どもたち は水や寒天、泥、泡などであそび、感触を楽しんでいます。
 熱中症やコロナウイルス感染症に配慮し、休息や水分補給をこまめに行いながら、夏ならではのあそびを思いきり楽しめるようにしていこうと思います。

 水の事故に注意!
 水あそびが楽しい季節になりました。水との触れ合いは気持ちがよく楽しい反面、毎年のように水難事故の悲しいニュースを目にします。事故が起きやすい状況や保護者の方に注意していただきたいポイントをまとめました。
・浅瀬だからと油断せず必ず大人がそばで見守り、目を離さないようにする。
 →水深20センチでも溺れたり、流れによっては足を取られ流されたりしてしまう事もあるようです。
  溺れるときは案外気付きにくいものです。必ず目を離さないようにしましょう。
・水辺で走ったり、飛び込んだりしないように言い聞かせる。
 →水辺は滑りやすく、転倒してしまう事があります。
  そんな時はパニックになり水から出られずに溺れてしまう事があります。
  あそぶ前に予め危険性を話しておくようにしましょう。
・子どもの体調の変化に注意し、休息や水分補給を十分に取るようにする。
 →水中では想像以上に体力を消耗し、突然足がつる等思いがけない事が起こります。
  また、汗の蒸発が少なく、体温が下がりにくい為、水中にいても熱中症のリスクがあります。
  水辺は楽しくてつい時間を忘れがちになりますが、こまめな休息と水分補給を心掛けましょう。


ひよこだより


 セミの声、照りつける太陽、いよいよ本格的な夏がやってきました。
 少しずつ園生活にも慣れてきて、受け入れの際には「いってらっしゃい!」と泣かずに手を振る姿が見られるようになり、保育士に「あれがしたい!」「今は眠たい」「お腹すいたから食べたい」と指さしで知らせたり、泣いて知らせたり、「アーアー」「アウアウ」の哺語など色々な意思表示をしてくれます。また、保育士からの「これにする?」「こうしたかったんだね」「○○しようね」の言葉を聞いてちゃんと受け入れてもらえたとわかると、泣き止んで保育士の目を見つめ安心した表情になったり、「うん」とうなずいて待つことができています。
 また、活動もずり這いからハイハイになって少し遠くの玩具を取りに行ったり、っかまり立ちができると視界が変わって棚の好きな玩具を出してあそんだりと自分で動ける行動範囲が広くなり、活発な姿が見られています。
 引き続き新型コロナウイルス感染防止対策を行いながら体調を崩しがちな夏を健康に過ごせる様にしていきます。健康管理には十分に気をつけていきたいと思います。

今月のねらい

◎暑さから食欲が落ちたり疲れやすくなったりするので、健康観察を丁寧にし、細めに水分補給を行い、十分に休息がとれるようにする
(一人ひとりの健康状態を把握し、細めな換気や気温・室温を調節しながら快適に過ごせるようしていきます。)
◎保育士と一緒に無理なく水の感触を楽しむ。
(たらいやバケツに少量の温水を用意し、子どもたちの様子をみながら無理のないように触れるができたり、パシャパシャできるようにしていきます。)


☆早寝・早起き・朝ごはん☆

夏の暑さや疲れから体調を崩しやすい時期です。
十分な睡眠は「日中の疲れをとる」「体の成長を促す」「病気を治す力が増す」ことに繋がります。
また朝食を食べる事で体が目覚め、その日の体のリズムが始まります。
元気に過ごすためにも規則正しい生活リズムを心がけましょう。


絵本

・たこさん ・おやすみなさい ・がたん ごとん がたん ごとん ざぶん ざぶん

うた

・みずあそび ・プールのうた ・うみ

わらべうた

・ももや ・オフネガ ・ウチノウラノ



ペンギンだより


 暑い日が続いていますが、子どもたちは元気いっぱいです。

《1組》
 友だちに興味を持ち、生活や遊びの中で子どもたち同士の関わりが増えてきました。言葉も増え、「○○ちゃん!!」「おいで一!!」と友だちの名前を呼んだり手招きしたり、保育者を仲立ちに「貸して」「どうぞ」を言葉や仕草で伝え、やりとりしたりする姿が見られるようになりました。
 また”自分で!”という思いも強くなり、身の回りのことや遊び等自分で挑戦しようと意欲的な姿も見られ、出来た時には笑顔を見せ嬉しそうな子どもたち。
 そんな子どもたちの姿に喜びを感じながらその成長していく姿、過程を大切にしていきたいです。

《2組》
 「あか」「あお」「みどり」等と言ったり、保育士の真似をしたりと色への興味が出てきました。
 フィンガーペイントや寒天あそびの時も「赤ね」「青よー!!」と嬉しそうに話しながら、模造紙にペタペタと手型を押して楽しむ姿も見られました。手が汚れることが少し苦手な子には、スポンジを用意し、同じ様に色や感覚を楽しむことができました。
 来月も色々な感触や色を楽しんでいけるよう、夏ならではの遊びを用意し、「これ、何色?」「綺麗ね!!」とやりとりを楽しみ、色への関心を深めていきたいと思います。

 今月も引き続き、子どもたち一人ひとりの体調に留意しながら、水分補給や休息、ウイルス対策をしっかりと行い、夏ならではの遊びを十分楽しめるようにしていきたいと思います。

今月のねらい

◎食事、水分、睡眠を十分にとり、健康的に過ごす。
・暑さで体調を崩しやすいので子どもたち一人ひとりの体調をしっかりと把握し、食事の量を調節したり、水分補給、休息をとったりすることで暑い夏を快適に過ごせるようにしていきます。
◎水や砂、泥などの感触を味わい、夏の遊びを楽しむ。
・保育者も一緒に遊ぶ中で「冷たいね」「気持ちがいいね」「楽しいね」等と言葉をかけ共感することで、子どもたちが楽しんで遊べるようにしていきます。
◎友だちや友だちのしていることに興味を持ち、真似たり、一緒に遊んだりする。
・保育者も一緒に遊ぶ中で友だちと関わる機会を作ったり、遊ぶ姿を側で見守り必要な時は仲立ちしたりすることで友だちとの関わりを十分楽しめるようにしていきます。


絵本

・しかく みつけた ・やさい ・あついあつい ・ひまわり

うた

・みずあそび ・アイスクリーム ・はなび

わらべうた

・ぎっこばっこひけば ・つつきましょ ・ソーメンニューメン


あひるだより

 ようやく梅雨が明け、眩しい太陽の陽射しと共に夏がやってきました。
 今年は新型コロナウィルスの影響でプールあそびは出来ませんが、水あそびやフィンガーペインティングなどの夏ならではのあそびを楽しんでいます。
 ご両親や兄弟の夏休みに合わせて家族水入らずでゆっくりと過ごされることも、8月ならではの魅力です。お父さん、お母さん、お休みの時にはゆっくりとお子さんと関わる時をお過ごし下さい。コロナという悪しき思い出に負けないような素敵な時間をお過ごしになり、今年の夏も思い出深きものになりますよう、大いに楽しんで下さい。


7月の子どもの様子

・水を怖がるお友だちもいますが、少しずつ水に慣れてきています。また、水が平気なお友だちは、「気持ちいい!」「もっと遊ぶ!」と、夏のあそびを楽しんでいます。
・語彙が増え、言葉を上手に使えるようになっています。保育士やお友だちと会話を楽しむ姿が多く見られるようになりました。
・自然に興味を持ち、虫や草花に積極的に触れたり観察したり、天気の変化にも気付いたりすることが


8月のねらい

●保育者や友達と一緒に、いろいろな夏の遊びを充分に楽しむ。
(体調を見ながら、水あそびや色水あそび・泡あそび等の色々な夏ならではのあそびを満喫出来るようにします)
●暑さや連休からの疲れが出やすい時期なので、ゆったりとした生活リズムの中で健康的に過ごす。
(引き続きコロナ対策に配慮しながら、一人ひとりの体調を把握し、体調に応じて無理なく過ごせるよう配慮します)


絵本

・じゃぐちをあけると ・せっせ せっせ ・わにわにのおでかけ

うた

・せみ ・うみ(♪海は広いな~) ・おばけなんてないさ

わらべうた

・こりゃどこのじぞうさん ・こまんか こまんか ・オフネガ


1くみだより


 雲ひとつない青空と賑やかな蝉の声に、夏本番を感じるこの頃。新型コロナウイルスの流行で例年のようにとはいかないながらも、泡・色水等夏ならではのあそびを、子どもたち同士「こうしてみる?」「こんな風にしてみたら面白いんじゃない?」とアイディアを出し合ったり、年長児を真似してみたりしながら楽しんでいます。
 1組では、絵本『ゆうちゃんのみきさ一しゃ』のアイスクリームが食べたい!と、アイスクリーム屋さんごっこをすすめています。準備がすすむにつれ、「なんのアイスが好き?」「アイスってどうやって作るのかな?「ゆうちゃんみたいにミキサー車で作りたいな」「雪が入ってるから冷たいのかな?」と盛り上がっています。

 おねがい
 水あそびをしたり、汗をかいたりしたら着替えますので、毎日の着替え、タオル等ご用意ください。また、持ち物には必ず記名をお願いします。


2くみだより


 ようやく梅雨が明け、まぶしい太陽の日差しとともに夏がやってきました。
 先月から、泡あそびや水あそびをしています。泡でアイスを作ったり、頭に乗せたり、感触を楽しみながらあそんでいます。今月も引き続き夏ならではのあそびを楽しみたいと思います。
 また、室内では子どもたちの大好きな絵本”かるがもゆうらんせん”の世界が広がっています。絵本を見た子どもたちの「かるがもゆうらんせんに乗りたいな~」「どこかに行きたいな~」というアイデアで始まりました。絵本に出てくる、”スイカツリー”や、”かめのいけのりば”を、ひばりグループを中心にみんなで力を合わせて作っていて、「早く乗りたいね!」とオープンを楽しみにしています。
 今月も、新型コロナウイルスだけでなく、この時期特有の感染症や熱中症対策など、子どもたちの健康管理や安全対策には十分気を付けていきたいと思います。

 先月から、ナミアゲハの幼虫を育てていました。
エサの葉っぱをあげたり、掃除をしたり、「大きくなってね~」と、成長を楽しみにしていた子どもたち。先日、1匹がさなぎになり、そして、羽化し、ちょうちょになりました!「きれいだね一」「がんばったんだね」ととても嬉しそうでした。羽が乾いたので、みんなで飛び立つのを「バイバーイ!」と見送り、元気に飛んでいきました。


3くみだより


 長い梅雨の合間の日差しの下、園庭やテラスでは子どもたちが元気に水あそびをする声が響いています。
コロナ禍の中、今年はプールあそびを中止していますが、三密を避けながらできるかぎり水あそびを行っています。「今日は外で水あそびするよ!」と伝えると、子どもたちは大興奮で、大急ぎで準備。どれだけ濡れても動じない子、一つの水風船を大切に最後まで優しく持っている子、同じあそびの中でも、一人ひとり様々な表情をみせてくれ、水あそびを楽しんでいます。
 先月から作り始めた『バナナのゆうえんち』ですが、一番の目玉となるぞうのジェットコースターも完成を迎え、あとはオープンを待つのみとなりました。ゆうえんちの開園、水あそび、来月には夏のお楽しみ会と、楽しいことがたくさん待っていますので、新型コロナに加え、熱中症にも注意しながら、夏ならではのあそびを楽しんでいきたいと思います。



今月のねらい 1くみ・2くみ・3くみ

*夏季の衛生面に留意し、感染予防につとめながら、健康に過ごせるようにする。
→水分や休息をとれるようにこまめに言葉をかけながら、一人ひとりの体調の変化に気を付ける。
 また、熱中症や新型コロナウイルス対策として、室内の換気や消毒などを行い、感染予防につとめるようにする。
*夏の生活の仕方がわかり、身の周りのことを自分でできるようにする。
→夏の生活に必要な習慣について話し合ったり、見守ったり、言葉をかけたりしながら、自分で行えるようにしていく。
 また、自分からすすんでできるようになったことを認めたり、手助けをしたりすることで、自分で出来た喜びが感じられるようにしていく。
*保育士や異年齢の友だちと一緒に、開放感を味わいながら、夏ならではのあそびを充分に楽しむ。
 →子どもたちと一緒に考えたり決めたりし、安全に気を付けることの大切さを知らせていく。
 また、水・泡・氷などの感触の面白さ、不思議さに気づくことができるよう、保育士も一緒に参加しながら、あそびが発展できるようにしていく。


絵本 1くみ・2くみ・3くみ

・せっせ せっせ ・おばけのおんがく ・ひふみよかぞえうた

うた 1くみ・2くみ・3くみ

・うみ(うみはひろいな) ・うみ(うみだうみだ) ・アイスクリーム ・おばけなんてないさ

わらべうた 1くみ・2くみ・3くみ

・スイカバタケ

わらべ詩 1くみ・2くみ・3くみ

・だだっこさん ・おっけいっぱい



給食だより

 気持ちよく晴れ渡った青空に照り付けるような日差し。いつの間にかセミの声が聞こえ始め、季節はすっかり夏です。子どもたちは真夏の太陽にも負けず元気いっぱい外遊びを楽しんでいます。キラキラ輝く笑顔や楽しそうな笑い声が聞こえてきて、いつも元気パワーをもらっています。
 まだまだ暑い日は続きますが、水分補給をこまめにし、毎日の食事をしっかり食べて元気に夏を乗り切りましょう。

 ネバネバパワー
 ヤマイモ・オクラ・モロヘイヤ・ワカメなどの食材に共通しているのは、ネバネバしていることです。ネバネバの成分は水溶性食物繊維で、腸内環境をよくする働きをしてくれます。暑い日には、口当たりやのど越しがよく、食が進むネバネバ食品を一品加えてみるのもいいですね。

 オクラのごま酢あえ
(材料2人分)
 ・オクラ 60g
 ・人参 109
(調味料)
 ☆酢 0.8g
 ☆さとう 0.8g
 ☆醤油 1.6g
 ☆すりごま 3g

① 「オクラは輪切りにして、茄でて水気をきる。
② 人参は千切りにして、茄でて水気をきる。
③ 調味料☆を混ぜて、茄でた野菜と和える。
④ 完成~☆


夏バテ予防の食事
☆夏バテ知らずの丈夫な身体を作る栄養素☆
 ●たんぱく質(卵・肉・大豆・牛乳)
 ●ビタミンC(野菜・果物)
 ●ビタミンB1(豚肉・レバー・枝豆・豆腐)
 ●ミネラル(海藻・乳製品・レバー・夏野菜)
☆落ちた食欲を取り戻す味付け☆
 ○カレー粉 ⇒ さまざまなスパイスで食欲増進。
 ○ショウガ ⇒ 少し加えるだけで独特の風味に。
 ○酢やレモンなどのクエン酸 ⇒ 後味がさっぱりして食べやすくなります。



 

↑ PAGE TOP