保育園だより 1月


 明けましておめでとうございます。寒い日も続きますが、雪景色や踏むとサクサクと聞こえる霜柱の音、冬ならでは感じられる事が沢山ありますね。今年も元気に子どもたちと過ごせる事を楽しみにしています。皆様にとって、良い年になりますように。

 静かな年末年始をお過ごし下さい。
 増えつつあるコロナワイルス。
医療にも大きな負担がかかっている様です。
 私たちの仲間の保育園にも感染者が出ており、身近に恐れなければならない状況です。
 今一度、手洗い、消毒、マスク(子ども達はつけられる子に限ります)をし、換気を心がけ発熱したら休む、大勢の忘年会、新年会を控える等、私たちができる感染症対策をしましょう。

 生活発表会
 発表会については事前にお知らせしていた様に2月6日に4・5才児のみで行う予定ですが、コロナウイルス感染状況によっては中止になる事もあり得ます。ご承知おき下さい。私たちもできるだけ実施したい思いでおります。


ひよこだより


 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 ひよこぐみでの生活も残すところあと3ヶ月となりました。歩くことに喜びを感じ、散歩に出かけると歩く距離がのびてきたり、あそびでは友だちを意識して関わろうとしたりと、からだと心の成長を感じています。また、絵本も大好きで、言葉を真似たり、読み終わると人指し指で「もう一回」と保育士に伝えたりして、絵本の世界を楽しんでいます。言葉への興味が高まり、どんどん吸収している時期なので、あそびや生活の中でも、保育士と「ちょうだい」「どうぞ」などの簡単な言葉のやりとりをしたり、言葉の意味を理解しての行動が見られるようになってきました。自分の思いを言葉やしぐさで表現する場面が増えてきているので、ひとりひとりの思いに寄り添い、関わっていきたいです。

今月のねらい

*生活リズムを取り戻し、安心して健康に過ごす。また、感染症に留意し、快適に過ごせるようにする。
(年末年始の休み明けになるので、健康状態や生活リズムを把握し、ひとりひとりの状態に合わせて生活リズムを整えていきます。また、引き続きコロナウイルス感染予防に努めると共に、ロタウイルス、ノロウイルスなど、乳児に多い感染症が流行する時期でもあるので、室内の湿度や温度の管理、こまめな換気、消毒などを徹底します。)
*保育士や友だちとのあそびや、絵本などを通して、言葉のやりとりを楽しむ。
(たくさんの豊かな言葉に満ちた絵本を読み、また、思いを代弁したり、簡単な言葉で伝えたりして、応答的なやりとりを重ねていきます。)
*上着や帽子の着脱、靴の脱ぎ履きなど、保育士と一緒にやってみようとする。
(自分でやろうとする意欲を大切にしながら、さりげなく手を添えて援助をし、自分でできた喜びを大切にしていきます。)


お願い

自分でやってみようとする気持ちが芽生えてきています。
そこで、着脱しやすい衣服や靴(マジックテープなど)での登園をお願いします。


絵本

・ついておいで ・おにぎり ・ごろんご ゆきだるま

うた

・たきび ・まめまき ・コンコンクシャンのうた

わらべうた

・さんだんの ・ねずみねずみ ・だるまさん



ペンギンだより


年が明け、年度替わりまで残り3ヶ月となりました。子ども達の成長を見守りながら、1日1日を大切に過ごしてまいりたいと思います。今年もよろしくお願いします。

 《1組》
最近、自分の思いや「どんぐりいっぱいあったよ。」と周りの様子を言葉で伝えてくれる姿がたくさん見られるようになり、さらに賑やかなペンギン1組。「○○ちゃんどうぞ。」「ありがとう。」とやりとりをする姿も見られるようになりました。まだまだ、うまく伝えられずにいる事もありますが、その時は保育者が代弁し、どう伝えたらよいか言葉を添えて友達との仲立ちをしていくようにしていきたいと思います。
先月楽しんだどんぐり拾い。たくさんのどんぐりが集まりました。大きな容器に入れて私たちの大切なコレクションになりました。

 《2組》
指先も少しずつ器用になり、カーペンターブロックやマグフォーマーも平面から立体的に作ろうとする事も多くなってきました。保育者が星や車、新幹線などを作って見せたり、作り方を知らせ一緒に作っていく事で「電車作る」「してみる!」と自分でしてみようとする姿も増えてきています。駅や道路を積み木で作ると走らせたり、作った作品を飾ってみたりして楽しんでいます。まだ、繋げる事が難しく「できない」と伝えてくることもあるので"してみよう"と取り組む姿を大切にして、できた喜びを一緒に感じられるように関わっていきたいと思います。

今月のねらい

◎寒い冬を健康に過ごす。
→手洗いや換気をし、コロナウイルスやロタ、ノロ等感染予防に努めます。また、長い休み明けとなるので、一人一人の体調に気を配ったり、生活リズムを大切にしたり、思いを受容したりして、安心して過ごせるようにしていきます。
◎戸外で冬の自然に触れたり、体を動かしたりすることを楽しむ。
→木の葉が散ってしまった様子を伝えたり、落ち葉を集めたり、風の冷たさを感じたり、またそうした様子を言葉にしたりなど、冬の自然に触れながら戸外で追いかけっこやボール蹴りなど体を動かして遊ぶことを楽しめるようにしていきます。
◎簡単な言葉のやりとりをしながら保育者や友達と遊ぼうとする。
→友達との言葉のやりとりを楽しめるよう必要な時は言葉を添えたり、仲立ちしたりしていきます。


衣服について

・動きが活発になり、走ったり跳んだり、元気いっぱいの子ども達。"自分で"という意欲も増し、排泄時には自分でズボンを脱いだり、履いたりと私たちに見守られながらしようとする姿が増えてきました。そのため、チュニックやレギンス等は引っかかりやすく、着脱もしにくいので動きやすく着脱しやすい服装での登園をお願いいたします。


絵本

・へんなおにぎり ・おいしいおと ・ごろんごゆきだるま ・おやおやおやさい

うた

・北風チャチャチャ ・まめまき ・ゆきのこぼうず

わらべうた

・おもちをやいて ・オニサノルスニ ・サンダンノ


あひるだより

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
どんなお正月を過ごされましたか?コロナ禍、新しいお正月の過ごし方をされたご家庭もあったことでしょう。年末年始、生活リズムが崩れやすい時期です。規則正しい生活を心がけ、体調をしっかり整えて健康に過ごせるようにしましょう。


子どもの姿

 寒さも厳しくなってきましたが、戸外に出る事を楽しみにしている子どもたち。園庭では寒さを吹き飛ばすように元気に走ったり、落ち葉拾いやお店屋さんごっこを楽しんでいます。室内では絵あわせカードゲームが人気で4、5人のお友だちと保育者で遊んでいます。カードが合うと「ピンポーン!」「すごい!」と一緒に喜びあったり、一枚も合わせることが出来ないと[カードが無い…]と悔しがり残念そうにする姿も見られてきました。泣いているお友だちを見て「どうしたの?」と、優しく理由をたずねようとしたり、近くにいる保育者に「○○ちゃんが大変」と伝えて来てくれています。今までになかった感情も育ちはじめ成長している姿に頼もしさも感じられるようになってきました。


1月のねらい

*コロナやインフルエンザ、ノロウイルスなど冬に多い感染症予防を心がけ、健康に過ごせるようにする。
(手洗いうがい、消毒を継続し、適切な室温や湿度を保ち感染予防をします。衣服の調節をしたり、体調の変化に留意していきます。)
*保育者や友だちと遊ぶなかで言葉のやりとりを楽しむ。
(伝えたい気持ちを大切にし、答えやすいように質問したり、共感したりしながら話すことを楽しめるようにします。)


絵本

・ながーくなった ・かいじゅうたちのいるところ ・おおきなかぶ

うた

・豆まき ・きたかぜのチャチャチャ ・こぎつね

わらべうた

・サンダンノ ・オニサノルスニ ・あぶくたった


1くみだより


 新年あけましておめでとうございます
 新しい一年が、子どもたちにとって、また保護者の皆様にとって笑顔がたくさんの年になりますよう、お祈り申し上げます。
 2月に、4・5歳児のみで開催予定の生活発表会へ向け、午前中は年齢別で過ごす事も増えていますが、1組で過ごす時間はおばけの世界を楽しんでいます。1組の部屋にいる間、子どもたちはゲームをしている時も、製作あそびをしている時もおばけです!最初は「あれ?○○ちゃんのおばけの名前なんだっけ?」と言っていましたが、今では当たり前のように自分たちで考えたおばけの名前で呼び合っています。
おばけのレストラン"おばけてい"ではたくさんの新メニューを作ったり、今まではひばりグループだけがしていたお店のおばけ役を、カナリアグループも【見習いコックさん】としてできるようにしたり、チラシを作って他のクラスへ配り招待したりと、子どもたちと一緒にアイデアを出し合いながらあそびを広げています。

2くみだより


 新年明けましておめでとうございます。今年も皆様にとって、よい一年になりますように。
どうぞよろしくお願いいたします。
 2組では先月より子どもたちのオリジナル絵本作りが人気で、中には一日に2冊、3冊と完成させている子どももいます。出来た絵本はやっぱりみんなにも見てもらいたいようで、絵本の時間に1冊ずつ読んでいるのですが、一体誰の絵本が選ばれるのか…作った子どもたちはソワソワ、ワクワクしています。最初はひばりさんが中心に作っていたのですが、読み聞かせするうちにカナリアさんも興味を持ち、ひらがな表を見ながら一生懸命絵本作りに励んでいます。つばめさんは作るよりも、年上のお友だちが作った絵本を見るのが楽しみなようで、見終わった後は、「おもしろかった~」といつもの絵本を読み終わった後のような満足そうな表情です。ひばりさん、カナリアさんになると内容も凝ってくるので「○○くんすごい!」とほめたり認め合ったりしています。
 コロナウイルスだけでなく、インフルエンザなど感染症も多くなってくる季節ですので、園では引き続き感染症予防を行っていきます。ご家庭でもうがいや手洗いなど予防をお願いします。

3くみだより


 明けましておめでとうございます
 本年もお子さんの健やかな成長のサポートをし、保護者の皆様と一緒にお子さんの成長を喜んでいきたいと思います。よろしくお願いいたします。
 12月からさらに猛威を振るう新型コロナウイルスの影響もあり、今の段階では年長・年中のみでの開催を予定している生活発表会。その中でもできることを楽しみながら、楽器や劇で何がしたいか、みんなで嬉しそうに話し合っていました。
 3組では、糸掛けマンダラが大ブーム!ホールに作品を飾り、たくさんの方に見てもらうことで、自信につながりより積極的に作ったり、あまり興味を示さなかった子が「作ってみたい!」と興味を示してくれたりと、製作意欲が日々高まっていっています。
  発表会まで残り1か月。新型コロナウイルスも予断を許さない日々が続いていますが、インフルエンザ等、様々な感染症も多くなってくる季節ですので、園では引き続き手洗い・消毒・換気・マスクの着用など感染症対策を行っていきます。我慢の日々が続きますが、ご家庭でもよろしくお願いいたします。


今月のねらい 1くみ・2くみ・3くみ

*冬の生活習慣を身につけ、生活リズムを整えられるようにする。
→年明けの子どもたちの様子を把握し、無理なく生活リズムを整えていくと共に、手洗いや消毒など感染予防を改めて丁寧に伝えていくことで、冬の生活習慣が定着できるようにしていく。
*友だちとのつながりの中で、刺激を受けながらイメージしたり、感じたりしたことをみんなで共有し、表現することを楽しむ。
→友だちと一緒に活動する中で、子どもたちが主体的に考え、自ら進んで話したり、聴いたり、やりとりできるように促し、お互いの表現を認めあえる雰囲気を大切にしていく。


絵本 1くみ・2くみ・3くみ

・なが一くなった ・ゆきだ ゆきだ ・とりになりたかったこぐまのはなし

わらべ詩 1くみ・2くみ・3くみ

・正月さま ・ししの子は



給食だより

 あけましておめでとうございます。新しい一年がお子様にとって、また保護者様の皆様にとって笑顔がたくさんの年になりますよう、お祈り申し上げます。
コロナに負けない強い身体作りのためにも、おいしい給食を心を込めて作っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

おせち料理
 前もっておせち料理を作っておくのは、神様を迎えているお正月の間は、料理中に物音を立てて騒がしくすることを慎むためだそうです。数の子には"子孫繋栄"、黒豆は"まめに過ごし、まめに働けるように"、タイは"めでたい"、田作りは"豊作"、エビは"長寿祈願"など、それぞれに意味があります。

お正月に使うはし
 お正月などお祝いの時に使われる丸ばしは、「祝いばし」や「両口ばし」とも呼ぼれています。両端が細くなっているのは、片方を年神様、もう片方を人が使うことを意味しています。しなやかで折れることがなく縁起が良いことから、ヤナギの木で作られており、白木の香りは、悪いものを追い払ってくれると信じられています。

おかゆを食べて体調を整えましょう
 年末年始は、ごちそうがたくさん。胃の調子を整えるためや厄除けのために、1月7日にはセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロの七草を入れる「七草がゆ」を食べます。15日の「小正月」にも、おかゆをいただきます。このおかゆには、アズキを入れる地方が多いとされていて、「アズキがゆ」とも言われています。ぜんざいやおしるこのところもあるようです。

笑う門には福来る!?
 ガン細胞や、細菌に感染した細胞を攻撃する細胞に、ナチュラルキラー(Nk)細胞があります。この細胞は、白血球のひとつで、常に体内に存在し、免疫活動を行っていますがNk細胞が笑いによって活性化されるそうです。笑って免疫力を強化できるということです。



 

↑ PAGE TOP