保育園だより 10月


 空気が澄み渡り、美しい青空やイワシ雲にも深まりゆく秋を感じます。
 コロナ感染も落ち着き始めたようですが、冬に向かって安心できません。基本的な対策、マスク、消毒、換気は皆で心掛けてすごしましょう。

十三夜
 旧暦9月13日のお月見のことで、今年は10月18日(月)です。
 「十五夜」は、中国伝来ですが、「十三夜」は、日本で生まれた風習です。
 栗や豆の収穫祝いでもあるため、別名「栗名月」・「豆名月」ともいわれています。この日ばかりは、雨や雲に邪魔されず、美しい月を眺めたいものですね。
 もちろん十三個の月見団子や栗や豆もいただきましょう。

今月のSDGS
「6 安全な水とトイレと世界中に」
 幸い日本には整備された水道と各所に水洗トイレが設置されていますが、世界各地には水洗トイレはもちろん安全な飲み水の確保も難しい国や地域がたくさんあります。
 そこに思いをはせ、安全な水や清潔なトイレのありがたさを感じてほしいと思っています。
 そして、節水を心がけましょう。


ひよこぐみだより


 送迎方法について、たくさんのご理解とご協力ありがとうございます。引き続き園での感染予防に努めていきますので、よろしくお願いいたします。

 活発になってきた子ども達。体をたくさん動かして遊ぶことができるように、室内での運動遊びを取り入れました。巧技台のぼり、斜面のぼり、ボールプールにトンネルくぐり等々…始めは斜面も巧技台ものぼることが難しくて戸惑っている様子が見られました。そこで、保育士が実際のぼって見せたり、「ここに手をおいてね。」「足上げるよ。」と伝えながら援助していく事で少しずつコツをつかみのぼれるようになってきています。 少し小さなお友達は、部屋の中をハイハイやずり這いをして自分の行きたいところへと動くようになってきました。目の前にあるおもちゃに必死で手を伸ばし、やっとつかむ事が出来た時の満足そうな笑顔に私たちも笑顔で応え、『良かったね』を共感する事で子ども達も達成感を味わっているように感じました。楽しさ、嬉しさを大好きな大人と共有・共感する事の大切さを改めて感じることができた場面でした。
 そして、少しずつお友達と“一緒に”という姿が見られるようになっています。いつも保育士としているわらべうたを、子ども同士が手をつないで出来るようにしたところ、それからはわらべうたが聞こえるとお友達を探して、自ら手をつないで楽しむようになっています。歌が終わった後の嬉しそうにはしゃぐ子ども達の姿に成長を感じます。

今月のねらい

◎一人ひとりの健康状態を把握して、快適な環境を整えることで、心地よいリズムで心身ともに健康に過ごす。
→気温の変化に留意しながら、衣服の調整を行うようにし健康に過ごせるようにします。又、一人一人の甘えや不安などを受け止め、丁寧に応える事で安心して過ごせるようにしていきます。
◎園庭に出かけ保育者や友達と体を動かして遊ぶ楽しさを知る。(高月齢児)
→広い場所を思い思いに歩いたり、走ったりしながら、体を動かす楽しさを感じられるように、関わっていきます。
◎保育者に見守られながら、探索活動を楽しむ。(低月齢児)
→寝返りやハイハイが十分行えるよう、様々な方向から名前を呼んだり、興味のあるおもちゃを動かしたりして楽しめるように関わっていきます。

絵本

・きのこのこ ・くっく くっく ・くつくつ あるけ

うた

・大きな栗の木の下で ・どんぐりころころ ・秋の空

わらべうた

・どんぐりころちゃん ・おてぶし ・オヤユビネムレ


ひよこ組 おすすめ絵本の紹介

「あ・あ」 五味太郎
今、子ども達が大好きな絵本の一つです。
「あ・あ」という2つの音が重なる言葉と絵を子ども達は楽しんでいます。
保育者が読んだ後に、子ども達も続けて声を出して楽しんでいます。大人とのゆったりとした雰囲気の中での絵本タイムをみんな満喫中です。



ペンギンぐみだより


 涼しさを感じる虫の声に、色づく木々・・・秋の深まりを感じる頃となりました。
 先月は、受け入れ方法の変更に伴うお部屋の入れ替えなど、保護者の皆様にもご協力を頂きありがとうございました。子ども達も、最初は新しい環境に戸惑う姿が見られていましたが、少しずつ慣れ、毎日楽しく過ごしています。
 気候も良く、戸外での活動も存分にできるようになり、園庭には元気いっぱいな子ども達の声が響いています。初めはバランスをとる事に一生懸命だったキックバイクも、今では両足を巧みに使ってスイスイと乗りこなしたり、手押し車にお友達を乗せて、顔を見合わせながら笑顔で遊ぶ姿に、子ども達の心と体の成長を感じる毎日です。
 今月も子ども達がたくさん体を動かして心身を開放し、楽しく過ごせる様保育していきたいと思います。

今月のねらい

◎季節の変化や気温差、感染症予防に留意しながら、健康に過ごせるようにする。
・寒暖差に配慮しながら、快適に過ごせる様に室内の温度に留意したり、体調の変化に気を配り感染症予防に努めます。
◎保育士や友達と一緒に体を動かす事を心地よく感じる。
・過ごしやすい気候の中で、保育者や友達と戸外遊びを楽しみ体を動かす事の心地よさを感じられるようにします。


絵本

・いろいろきのこ ・きのこのこ ・おにぎり ・ねないこ だれだ ・おやすみなさい コッコさん

うた

・大きな栗の木の下で ・どんぐりころころ ・こおろぎ

わらべうた

・つんなんごう ・どんぐりころちゃん ・おてぶしてぶし


あひるぐみだより

 朝晩は涼しくなり、秋の訪れを感じるこの頃です。
 日中の気温も下がり、戸外に出ることが多くなりました。園庭ではトンボやバッタ、チョウチョウを見つけるたびに盛り上がっている子どもたちです。園庭にトンボが何匹も飛んでいると、「つかまえる!!」と、虫取り網を持ってきて自分たちで捕まえようとしています。虫取り網は2つしかないのですが、持っている子は追いかけて、持っていない子は「あ!あそこに行ったよ!!」「そっちそっち!!」と、トンボの行き先を教えてくれたり、協力して捕まえようとしている姿はとても微笑ましいです。そして網をもって虫を追いかける姿に子供たちの成長を感じます。今後散歩に行く機会も増えていくので、網を持って子どもたちと秋の自然を十分に楽しめるように環境を整えていきたいと思います。

 新型コロナウイルス対策として、保護者の皆様には様々なご協力をいただいております。ありがとうございます。引き続き保育環境の中や一人ひとりの子どもたちへの配慮、消毒、換気、衛生管理を徹底し感染拡大防止に努めていきたいと思います


今月のねらい

◎一人ひとりの思いや甘えを受け止め、安心して生活する。
・一人ひとりの気持ちを大切に受け止めながら丁寧に対応し、子どもが安心してのびのびと過ごせるようにする。
◎秋の自然に触れながら、散歩や戸外で思いっきり楽しむ。
・園庭や散歩先の公園で楽しめるように環境構成していきながら秋ならではの遊びが十分にたのしめるようにしていきます。
◎簡単なルールのある遊びを保育者と一緒に楽しむ。
・順番ややり方などルールを子どもに分かりやすい言葉で伝え、2.3人の集団で楽しく遊べるようにしていく。


絵本

・どんぐりずもう ・おちばいちば ・ばけばけはっぱ

うた

・あきのそら ・まっかだな ・うんどうかいのうた

わらべうた

・メンメンスースー ・ももやももや ・ギッコバッコ


1くみだより


 緑色の葉をつけていた木々も少しずつ色づき始めました。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が延長され、つばさ保育園でも保護者の皆さんは園舎に入れないなどの対応をさせて頂いております。通常なら送迎時に少しでもあそんでいる様子を見ていただいたり、担任がお話したりすることでお子さんの様子を知っていただくことができていましたが、それができない状況となってしまいました。保護者の皆様にはご迷惑やご心配をおかけすることと思いますが、クラスだよりや、キッズノートで園での様子を発信していきますので、よろしくお願いいたします。
 1組では、絵本「ブタベイカリー」のごっこあそびに向け準備中です。「何パンが好き?」「どんな形のパンが食べたい?」と話したり想像したりして楽しみ、パンの作り方も勉強中です。

2くみだより


 朝、夕と涼しくなり、秋の風が気持ちいい季節になってきました。
先日、つばめこうくうが、“くものすくうこう”に戻ってしまい、少し寂しそうな2組さんでしたが、秋の環境でLaQのりんご作っている中で、「りんご狩りするのはどう?」という提案から、「りんどジュース飲みたいね」話していたり、「ぱんどろぼう」という絵本を読んだ際は、「ジャムにしてパンと一緒にたべたいな~」と色々と子ども達の中でイメージを膨らませ盛り上がっています。色々なパンの絵本を読み、みんなで「こんなパンが食べたいね」と少しずつ、お店の準備にも取り掛かっています。どんなお店になるか、お楽しみに。



3くみだより


 日中の日差しも和らぎ、朝晩も少しずつ冷え込むようになり少しずつ秋の訪れを感じられる気候になってきました。園庭やプレイルームでは、運動会の練習に汗を流す子どもたち。10月9日の運動会当日を今か今かと待ちわびています。ひばりグループにとっては保育園での最後の運動会。マーチングの練習を通して、みんなで力を合わせて作り上げていく経験を通して、友だちとの絆を深めていっています。カナリアグループは、昨年新型コロナの影響で運動会に参加できなかったこともあり、できる嬉しさにみんな大喜びで練習をしています。憧れのバルーンにみんな夢中で、年齢別にクラスを分かれた瞬間から「今日も運動会の練習?」「今からバルーンする?」と目を輝かせながら聞いてきて、難しい技も終始笑顔で楽しんでいます。つばめグループは残念ながら今年の運動会は参加しないようになりましたが、外から聞こえてくる様々な音楽や動きに興味津々!ひばりの練習を見ながら一緒に行進したり、カナリアの練習を見ながら一緒に手を動かしたり来年に向けて楽しみが広がっていきます。
 新型コロナウイルスの新規感染者数が少なくなってきていますが、変わらず保育園では手洗い・消毒・換気など予防のためにできることを徹底していきます。


今月のねらい 1くみ・2くみ・3くみ

*気温差や体調に合わせた衣服の調整、手洗い・うがいを丁寧に行う。
→季節の変わり目、室内外などの気温差に留意しながら、必要に応じて衣服の調整ができるよう言葉かけを行い、快適に過ごせるよう促していきます。また、戸外から戻った際に手洗いや消毒の仕方を再度確認し丁寧に伝えていくことで、健康に過ごせるようにします。
*身近な自然に触れ季節の変化に気付き、興味や関心を持つ。
→秋の自然に触れられるよう散歩に行き、フィールドビンゴや、見つけた自然物を持ち帰ったり、飾ったりすることで、楽しみながら秋の自然に触れられるようにしていきます。また、子どもたちの発見を一緒に喜んだり、疑問を調べたりすることで、子どもたちが秋の自然に興味・関心が持てるようにしていきます。
*お互いの思いを伝え合いイメージを共有しながらあそぶ。
→ごっこあそびや、ままごとなどのあそびを展開していき、その中で互いに気持ちを出し合えるように見守ったり、必要があれば言葉を代弁したり、補ったりすることで、互いの思いを尊重してイメージを共有しあそべるようにしていきます。


絵本 1くみ・2くみ・3くみ

③あきをみつけたよ ④ぼくの いしころ ⑤いなりまちゆき きつねでんしゃ

わらべ詩 1くみ・2くみ・3くみ

・あいうえおはようお母さま ・わんわんほえるの



バンビーニだより

 暑さもずいぶんおさまり、過ごしやすくなってきました。天気のいい日は、園庭を走ったりすべり台をすべったり、元気いっぱい体を動かしてあそんでいます。緊急事態宣言が解除になったら散歩に出かけ、秋の自然にたくさん触れながら楽しんでいきたいと思います。
 あひる組、ペンギン組は身の回りのことが少しづつできるようになってきました。外へ出る時は、自分で帽子をかぶったり、靴や靴下をはいたり、保育者に手伝ってもらいながらがんばっています。子どもたちのやる気を大切にし、「できたね!」をたくさんつくっていきたいと思います。ひよこ組は一人での歩行が上手になっています。時々、あひる組のお兄さんお姉さんに手をつないでもらいながら、とても嬉しそうに歩いていますよ。
 今月も引き続き、新型コロナウイルス、その他の感染症の予防をしっかりとしながら、元気に過ごしていきたいと思います。


今月のねらい

◎気温や健康状態に応じて衣服の調節をしたり、室温、湿度に留意したりすることで、健康に過ごせるようにする。
・一人ひとりの健康状態を把握し、衣服の調節や水分補給などを行い、快適に過ごせるようにしていきます。また、新型コロナウイルス等の感染症予防のため、こまめな手洗い、消毒を心がけます。
◎散歩や戸外あそびを通して、秋の自然に触れながら楽しむ。
・自然物に目が向けられるようにゆったりとしたペースで歩き、子どもの発見や気づきを共感したり喜んだりしながら、散歩や戸外あそびを十分に楽しんでいきます。


絵本

・おにぎり ・きのこのこ ・かおかおどんなかお 

うた

・大きな栗の木の下で ・どんぐりころころ ・秋の空

わらべうた

・もみすりおかた ・つんなんご ・おてぶしてぶし

SDGs

・身近にいる小さな生き物に、優しく触れ合う


☆おねがい☆

・園からの大切なお知らせをきっずノートで配信しています。必ず目を通してください。
・衣服、肌着、靴下、タオルなど、持ち物にはすべて記名をお願いします。消えかかっている物もありますので、もう一度ご確認ください。
・靴は、足のサイズに合ったものを履きましょう。


給食だより

 秋は実りの季節です。最近はすっかり暑さも和らぎ、子どもたちの食欲もぐんと増してきました。いも類、果物、サンマ、キノコなど、秋はおいしい食材がたくさん。旬の食材には栄養も豊富です。秋の味覚を存分に味わって、かぜなどに負けず元気いっぱいに過ごしてもらいたいですね

サンマにはEPAとDHAがたっぷり!
EPA 抗血栓作用があり、血をサラサラにします。
DHA イライラを抑えます。
    精神の安定効果や、疲れた目をいやす効果に優れています。
    また、記憶学習能力を高める効果も持つと言われています。

栄養素たっぷりキノコ
キノコには食物繊維・ビタミンD・ミネラルなどを豊富に含んでおり、香りがよく、どんな料理にも合う優れものです。
キノコを食べることで、便通も良くなります。
また、キノコはカリウムが多いため、塩分の過剰摂取を抑制するともいわれます。
●シイタケ・まいたけ→免疫力をサポート。
●エリンギ→食物繊維・ナイアシンが特に豊富。歯ざわり抜群!
●エノキタケ→精神安定に効果的な天然アミノ酸のギャバが豊富。


今月のおすすめメニュー
きのこたっぷりシチュー!

●材料
鶏肉こま切れ      300g
玉ねぎ      大1個250g
マッシュルーム    1パック100g
ぶなしめじ   1パック100g
エリンギ    1パック100g
ブロッコリー  1/2株  125g
サラダ油        大さじ1
水          700ml
牛乳         100ml
市販のシチュールウ 1/2箱90g

※材料5皿分

●作り方
①マッシュルームはキッチンペーパーなどで汚れを拭き、ぶなしめじは小房に分け、
 エリンギは半分の長さに切って、4~6等分に縦に切る。
 ブロッコリーは小房に分け、固めにゆでる。
②厚手のなべに油を熱し、鶏肉、玉ねぎを炒める。
 マッシュルーム、ぶなしめじ、エリンギを加えて炒める。
③水を加え、沸騰したらあくを取り、材料が柔らかくなるまで煮込み、いったん火を止め、
 沸騰がおさまってからルウを割り入れて溶かす。
 再び弱火でとろみがつくまで約5分煮込む。
 牛乳を加えさらに約5分煮込み、ブロッコリーを加えてひと煮立ちさせてできあがりです。



 

↑ PAGE TOP